新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。
私達と一緒に熱い4年間を過ごしませんか?
現役の今をリアルタイムに  部活紹介PVはこちらへ
はじめに
これからの4年間の大学生活が有意義で、かつ最高のものとなるように頑張って下さい。

では、そのためには、一体どうすれば良いのでしょうか?

それは「クラブ活動」。これに限ります。

苦しい時、楽しい時、うれしい時をクラブを通じて経験すれば、4年間の大学生活が、

悔いのない充実したものになる事を約束しましょう。

我が水上スキー部は、学習院大学体育会として、60年近い伝統を誇り、数多くの

優秀な選手を世界の水上スキー界に送り出しています
水上スキーとは
水上スキーとはどういうものか、皆さんは知っていますか?

TVで、サーカスばりにやっていたのを見た事があるという人もいるでしょう。

そういうエンターテイメント的なものも水上スキーの一種ですが、我々がやっているのは、

競技としての水上スキーです。

でも、水上スキーの楽しさは、どれも一緒です。

真夏の太陽が、ガンガン照りつける中、きれいな水しぶきを受けながら自由自在に滑る

なんとも言えない爽快感に浸る事ができるスポーツ、それが水上スキーなのです。

「水上スキーとは」を知りたい方はこちら
授業中心の練習
体育会は、語学や体育と重なっても練習に出ないといけないから体育会に入るのは・・・と

二の足を踏んでいる人はいませんか?

水上スキー部はそんなことはありません。

1〜2年はやはり授業が大切なので、専門や語学・体育のない日を中心に練習を行います。

例えば、1・2限に語学などあり、3・4限に授業がなければ2限後に、逆に3・4限に授業が

あるなら、午前中に練習をすることになります。

大抵は、週3日くらいの練習で、日曜日と祝日はOFFです。
年間スケジュール
4月 新勧 新入部員の勧誘期間。新入生諸君、とりあえずレイメイ513の水上スキー部の部室に行ってみよう。
やさしいお兄さんお姉さんがエスコートします。
6月 チャンピオン・シリーズ第1戦 年間で最初の試合。一年生は競技としての水上スキーを実感し、初めての試合に圧倒されるでしょうが、選手達を一生懸命応援して下さい。
選手はきっとそれに応えてくれるでしょう。
7月 チャンピオン・シリーズ第2戦 インカレの前哨戦、その年のインカレうを占う重要な試合。
江戸川打上げ 江戸川で練習する学習院・慶應・立教が一緒に早々と4年生の追い出しをBBQという形で行います。一芸を披露したりビールをかけあったりと、思いっきりさわぎまくります。
合宿 江戸川での合宿の間に、男子部員は日に焼けたマッチョバディーを手に入れ、女子部員は引き締まったキュートなナイスバディーの持ち主になることができます。
このころから部員同士に連帯感が生まれ、新入生もメキメキ上達してきます。
9月 全日本学生選手権 一年のハイライト。全国の選手が集まり3日間に渡って行われます。OB/OGが集まり緊張感の高まる中、4年生は水上スキー生活の集大成としての滑りをします。
ここで、4年生は引退し,新主将の下、新しいチームが結成されます。インカレ終了後、恒例の打ち上げでは各大学の部員が入り乱れて暴れまくり、旅館の中はビールで水浸しになります。
10月 新人戦 1・2年生が出場し、今までの練習の成果が試されます。それまでは選手をサポートしてきた1年生もこの時は主役となり、ここから主力選手が生まれてきます。
11月 納会 各校の部員が集まり、1年間の打ち上げをします。例年は椿山荘で行われ、この納会でほぼシーズンが終わります。
12〜3月 OFF OFF中はほとんど活動がないので、自由にキャンパスライフをエンジョイすることができます。また、希望者はフロリダやオーストラリアに行き、プロの選手に本場の技術を学び、シーズンに備えます。
主将:下山拓也から一言

「楽しんで勝つ」が我が学習院水上スキー部のモットーである。

しかし、ただ楽しいだけではない!

部員皆が”インカレ優勝”という一つの目標に向けて、お互い切磋琢磨していくのである。

我が部員は皆、水上スキーが大好きであり、常に並々ならぬ向上心を持って練習に取り組んでいる。

そんな部員もスタート地点は皆同じ、大学から始めたのである。

誰もが頂点に立つ可能性がある、そう君たちも”日本一”になれるのだ!

ここ数年学習院のレベルは非常に上がってきており、海外で活躍している選手もいる。

これからさらに熱くなっていくスポーツ、それが水上スキーなのだ。

最後に、われわれ水上スキー部員と共に味わい、4年間を完全燃焼してもらいたいと思う。
もっと知りたいひとは
 水上スキーをもっと知りたい人はこちら
 水上スキー部員を知りたい人はこちら
 よくある質問はこちら